カナダ バンクーバー Blenz Coffee

20年前、ワーホリでカナダへ単身で渡りました。 英語だけが学生時代から頑張ってきたのでいつか海外へ行くのが夢でした。

父親が翻訳家で自営でしたが、経営が不振で塾や英会話学校へ行くお金もなく、大学進学も諦めました。

海外へ行く夢を果たすにはどうすればよいのか?と20年前、それほどインターネットが今ほど進歩していない時代に必死で調べました。

本屋さんに行って書籍を色々読んでいると、渡航費だけあればカナダに行ける!ということが分かったのです。

そこでなぜ、カナダかというと、父親の従妹がカナダのエドモントンへ移住していたからなんです。 高3の3月の休み期間を利用して3週間親戚のお家にお世話になった経緯もありカナダ以外は選択肢にありませんでした。

私が選んだ渡航先はバンクーバーでした。出国前に当時中野に会ったワーホリ協会で英会話を数か月学習し、そこで知り合った友達数名と先生と一緒にいざカナダへ!

念願叶ってカナダへ辿り着いたものの、本当に渡航費だけを用意していったので、1~2か月分の滞在費しか持っていませんでした。

しかし、気が大きくなっていた私は、のんきに観光などをしていた為、気づくと残金はたったの15ドル。

エドモントンの親戚のうちへ行こう!と思い立ち電話してみるとあっさりと断られ・・・(後から知ったのですが、叔父が癌を患っていて大変な状況だったようです)

何かあったら使おうと日本で用意していたクレジットカードで帰国にチケットを買って帰ろうと思った矢先に友達からBLENZ COFFEEで働かないか?と誘ってもらい、カナダ生活を最後までエンジョイすることが出来たのです!

これが Blenz Coffeeと私との出会いでした!

https://ex-pa.jp/it/1Cno/vf5
最新情報をチェックしよう!